貴婦人として死す

カーター・ディクスン著 創元推理文庫刊

戦時下のイギリスで、俳優の卵と人妻が失踪し2日後に遺体で発見された。心中事件として扱われるが、人妻と親しかった老医師ルークは2人は殺害されたものと信じ、事件について調査を進めていく。たまたまその地に滞在していたヘンリー・メルヴェール卿と行動を共にし、犯人探しを続けるのだが…。

第二次大戦初期を舞台にした作品。戦争が間近に迫ってくる前の話ではあるのですが、戦争の影響がそこかしこに見え、作中の犯罪にも影を落としている。崖に向かって続いている2組の足音。しかし、死亡した男女の死因を考えると、二人以外の人間がその場にいないのは矛盾している。
という「密室トリック」を崩すことが前提にあるように見えながら、実はトリックを解くことが主軸ではなく、「何故に」が一番のポイントになっているのがミソ。

しかし、HM卿のシリーズというとスプラスティック・コメディが浮かんでくるけど、本作も例にもれず。車いすに乗ったHM卿の巻き起こす騒動がすさまじい。思わず近所の犬に同情してしまう。これを映像で見たら面白そう。

[PR]
by yamanochika | 2017-03-12 14:12 | 海外ミステリ

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30