フロスト始末

R・D・ウィンクフィールド著 創元推理文庫刊。

フロスト警部シリーズ最終刊。
買ってから読み終わるのが勿体なくて1ヶ月位寝かせていたんだけど、読み始めたらあっという間に読み終わってしまった。

相変わらず他の署の応援に人員が割かれ人手不足なデントン署。そんな中で少女の連続強姦事件や、ローティーンの少女が行方不明になる事件が勃発。更にスーパーへの恐喝事件など次々に事件が起きる中、マレット署長がフロスト警部を追い払う為に他の署から呼び寄せたスキナー主任警部により、デントン署からの異動を余儀なくされたフロスト。事件捜査とフロストの運命や如何に。

今作では若かりし頃の妻と自分を思い出し涙ぐんだり、老いを感じるシーンも多くどことなく侘しさの漂うフロスト警部。
作中で同時進行に起きている事件が終盤に収束していく繋がりの上手さは健在ではあるものの、作中のキャラがエネルギッシュで、若さがあったフロスト日和などと比べるとエネルギー不足は否めない。
それでもなお、どれだけ泣き言を言っていても事件を解決するために駆け回るフロストの姿に滲み出る人間味がこのシリーズの最大の魅力であり、味わいだと思う。そしてもう1つの味である下品なユーモアも健在。
シリーズファンなら頭のてっぺんからつま先まで楽しめる作品になっている。



[PR]
by yamanochika | 2017-08-14 22:10 | 海外ミステリ

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31