呼び出された男 スウェーデン・ミステリ傑作集

ヨン・ヘンリ・ホルムベリ編
ヘレンハルメ美穂・他訳
ハヤカワ・ミステリ刊

スウェーデン作家による短編ミステリ17篇を集めたアンソロジー。
冒頭に編者によるスウェーデンミステリの歴史、また本アンソロジーに収録された作家の簡単な紹介があり。収録されている作品は様々ですが、おそらく一番の目玉は「ミレニアム」シリーズの著者スティーグ・ラーソンによる短編になるのでしょうか。
短編を集めたということで正統派のミステリよりも、少しひねった作品やホラーのような味わいの作品も多いですが、個人的に一番満足したのはヨハン・テオリンによる「乙女の復讐」。エーランド島四部作では漁師を引退し、年老いた姿で登場するイェルロフがまだ現役時代の話。シリーズ中で亡くなった人も元気な姿で登場し、シリーズファンとして感慨深い。


[PR]
by yamanochika | 2017-10-20 23:18 | 海外ミステリ

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31