カテゴリ:ライトノベル( 242 )

三川みり著 角川ビーンズ文庫刊

シリーズ最終巻の外伝集。

彼らのその後がまとめられた外伝。本編の最終巻も、まとめ方がフェアリーテイルらしい、美しい終わり方に余韻があって良かったけど、外伝は更に進んで綺麗なお話でした。このシリーズは、アンが精いっぱい頑張って少しずつ成長していく姿に惹かれて読み進めたんですけれど、女の子から女性になっていく姿を見て感無量です。アンがこういう子だから、回りの人たちが彼女に協力したり、支えてあげたくなったりするんですよね。

収録されているのは、シャルがどうやって戻ってきたのかという「リバース」、パウエル・ハルフォード工房のその後を書いた「もう一人のアン・ハルフォード」、銀砂糖伯爵からの依頼を受けたキャットの話「子爵に捧げる青い薔薇」、物語の最後を締めくくる「アンと最初のお客様」後日談になる「ミスリル・リッド・ポッドの終わらない野望」の4編。

「リバース」は一番フェアリーテイルらしさが現れた作品。不幸になる人が誰もいないというのがいいなあ。誰もが生まれ変わる事は出来るんですよね。そしてキースがすごくかっこいい「もう一人の」。彼は本当に優良物件なので、女の子がキャーキャーいうのも良く分かる。幸せになって欲しいなんて言わなくても幸せになれる人だとは思うんだけど、幸せになって欲しい。
ちょっとしんみりした「子爵に捧げる~」。しんみりしつつヒューの掌で転がされているだけのような(笑)。キャットさん本当にうかつすぎ。アン以上に職人肌で事務能力無さそうなので、悪い人に騙されないように気をつけて下さい…。

そして大団円を迎える「アンと最初のお客様」。少女小説の終わりはやっぱりこういう風に〆て欲しいという見本のようなお話でした。アンの恋物語としても、職人としても、きちんとした結末がついていて本当に嬉しい。

後日談については口を出すのは野暮なので省略。ミスリル・リッド・ポッドがこんな重要キャラになるなんて最初の登場シーンでは思いませんでした。すごい。
[PR]
by yamanochika | 2015-03-31 20:50 | ライトノベル



三川みり著 角川ビーンズ文庫刊

シリーズ完結巻。全5巻でちょっと短くまとまった感じですが、千樹と刀火の物語としては綺麗に纏まってたと思う。落とし所としては千樹が自分の能力をどう生かしていくか、その能力を持って人間としてどう生きていくかという所だと思っていたので、そこがきちんと解決してたのが良かった。考えてみれば、刀火はその辺を、1巻頃に既に解決していたわけですし。もう少し巻数が続けばもっと世界について突っ込んだ話がされたのかなと思うと残念。でもキャラクターのこれからの落とし所は本当に上手かったな。彩遊先生が、見たまんまで本当にいい人ですごく良かった。純鉄くんもいい子だし、綾峰様には別のところできちんと幸せを見つけて欲しいです。頑張れ。
[PR]
by yamanochika | 2015-03-31 20:32 | ライトノベル



清家未森著 角川ビーンズ文庫刊

シリーズ2作目。大正浪漫とオカルトが混ざったような日本なので、今回もオカルト絡み。有紗を慕う後輩女学生の双子の姉妹の誘拐事件について、有紗と京四郎が謎に挑む。
読みやすいし、さくさく進むのはいいんだけど、ミステリー要素とオカルトは若干食い合わせが悪いというか、謎がオカルト要素で解決されてしまうと少し興ざめしてしまう。有紗には色々出生の秘密がありそうで、そこが彼女が何故指輪をはめれたかと合わさってシリーズ全体を通した謎ときになるのかな。

有紗がモテモテな感じなので、逆ハーが好きなら楽しいのかも。個人的には仲が悪そうではあるんですが、有紗の叔父さんと記者さんみたいな関係性が一番好みです。
[PR]
by yamanochika | 2015-03-31 19:55 | ライトノベル

清家未森著 角川ビーンズ文庫刊

現実とはちょっと違う日本の大正時代を舞台にした和風ミステリ。

ヒロインは元気で可愛くて好感のもてるタイプ。ミステリと言うには少し物足りないけどファンタジーとして読めば楽しい。寡黙なタイプとのコンビなので凸凹コンビ的な楽しさが。
[PR]
by yamanochika | 2015-01-04 00:57 | ライトノベル

三川みり著 角川ビーンズ文庫刊

そろそろまとめに入ってるのかな?という4巻目。新キャラがあからさまに胡散臭いので、そんな感じがするのかも。

それにしても一応刀火と千樹は両想いなんだけど、恋愛的な甘さが無いというか、千樹さんの色気の無さはすごい。こう色々頑張れって言いたくなりますよね。

千樹が自分の能力と絵の道とにどう折り合いを付けて行くのか、後まだ出て来ていない他の2国は出てくるのか気になるんですが、そこ迄書かれるんだろうか。
続きが楽しみです。
[PR]
by yamanochika | 2015-01-04 00:44 | ライトノベル

三川みり著。角川ビーンズ文庫刊

読んでからかなり経ってしまったんですがやっぱり書いておきたかったので。

フェアリーテイルというシリーズタイトルらしく最後の戦いも生々しくはならず綺麗な終わり方だったと思います。職人さん達の頑張りも良かったし、アンの芯の強さにも感心したけど、今迄出て来た色々な登場人物の成長が見られたのが感無量でした。特にジョナス坊ちゃんの成長っぷりには涙涙ですよ。性格がそうそう変わる訳では無いんだけど、成長する事は出来るんだよね。

本当に最後まで読んでて良かったと思える話でした。ありがとうございました。
[PR]
by yamanochika | 2015-01-04 00:19 | ライトノベル

三川みり 著 角川ビーンズ文庫刊

シリーズ3作目。
結構話がサクっとすすんでてびっくりした。ヒロインの恋模様もですが、鬼の右腕の行方も。お話が前回から続いているので、2,3巻は前後編で2冊で1冊のような印象。結局鬼に意思があって刀灯を狙い続けている限り、それを克服しようと心を削りながら生きていくしかないのかなあ。千樹は色々覚悟を決めちゃってますが、能力を極めようとすれば、千樹も更に厄介に巻き込まれそうなんですが。次あたりはその辺の話になるのかな?

成長し続けてる綾峰さんが何だかかっこいい。雅近よりはいい男だと思うw
千樹のお師匠様はのんびりしているのがポーズじゃない人なので、そういう部分がすごく好き。2巻に比べても切ない終わり方になってしまったので純鉄くんの門出が幸せなものになるよう祈ります。
[PR]
by yamanochika | 2014-06-13 00:35 | ライトノベル

八番街の探偵貴族

青木祐子著 集英社コバルト文庫刊

青木さんの英国ミステリー。時代的にはヴィクトリア朝後期?「ベリー・カルテットの事件簿」ともちょっとだけ繋がっているお話で短編2作が収録。

元メイドのマイアが、仕事を探している時に最後に掴んだのが新聞広告に載っていた怪しげな探偵助手の仕事。おそらく貴族出身の謎めいた青年レヴィン・クレセントと元気で物おじしないマイアのコンビの活躍が楽しい。1作目の話、実はかなり暗い設定だと思うんですが、マイアのおかげでかなりマイルドになってます。こういうタイプのヒロインが好きなので、2作目も読みたい。
[PR]
by yamanochika | 2014-06-07 13:03 | ライトノベル

恋と悪魔と黙示録

糸森 環著 一迅社アイリス文庫

シリーズ4作一気読み。

「身代わりの花嫁」っていうサブタイトルで最近よくある花嫁ものかーって回避してたんですが、サブタイトルをよくよく見ると、1作ごとに身代わりをする相手が変わるっていうのに興味をひかれて購入。

最初は悪魔の名を記した書を複製する森玄使として、次に偶然から神魔を呼び出して契約することになり、悪魔の生態解明を目的とする朔使として、頑張って仕事してるレジナが可愛い。獣なだけに恋愛方面にはうぶな獣と、レジナのやり取りが悶えそうなほど甘いのに可愛い。っていうわけで買って正解でした。最初は名前がない悪魔に兄を殺され、兄の復讐の為だけに生きていたレジナ。彼女が色々な国に赴いて色々な悪魔を見て、人とふれあっていく内に、黒と白では片づけられない側面を知って成長していく姿がすごく魅力的。

レジナの記憶のうちに眠っている事だけど、何やら複雑な事情がありそうで、これからの展開が楽しみ。おそらくは敵となりそうな大物の姿が見え隠れしたり、脇にいるヴィネトの動向も気になる。
[PR]
by yamanochika | 2014-05-08 23:54 | ライトノベル

三川みり著 角川ビーンズ文庫刊

シリーズ2作目。他の誰かの為に絵を描くことにならないように、刃火が取った手段は、千樹を仮妻として宮に迎えること。仮妻になってしまえば外を自由に出歩く事も出来なくなる。千樹は7日間の儀式が終わる前に絵師として召抱えられるように、勝負をすることに。

もう少し絵師と主的な関わりが続くのかなーと思ったら意外にラブ寄せに来ててびっくりした。恋愛方面うぶそうな千樹はともかく刃火さんも結構いい雰囲気で、無意識とうか、無自覚に惹かれあっている二人というのもなかなか楽しい。弟宮も参戦しているけど、直球なところが清々しくて泥沼になりそうにないのがいいなあ。

今回は成る絵を描くというのはどういう事かという話がメインの一つで、なかなかに覚悟がいる事であると同時に、絵師として成長するには「成る絵」しか描けないのはハンデにしかならないような気が。話の展開によっては権力者による千樹の取り合いもありそうなんだけど、その辺はあんまり興味ないので、さくっとまとめてもらえると嬉しい。
[PR]
by yamanochika | 2014-03-03 00:20 | ライトノベル

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30