修道士ファルコ4

青池保子著 秋田書店刊

読んでから間が空いてしまったんですが取り急ぎ感想など。

中世っぽい血腥い事件と滅ぼされた領主の謎を解く話。
初期の方が中世らしさが出ていたような気がするんですが、現代ナイズされしまった今でも面白い。
ただ重苦しいテーマなので現在的な言葉を使わずに中世らしさを感じさせる言葉で展開して欲しかったとも思います。マティアスはいいキャラになってるな…。
[PR]
by yamanochika | 2014-09-21 01:14 | 青池保子

修道士ファルコ 3



完全新作になった3作目。

中世の話で面白いと思うのが、「聖人」の扱い。聖人の遺骨があるかどうか、それがどんなご利益をもたらすのかによって修道院の繁栄が違ってきて、遺骨を盗むために何年も別の修道院に潜り込んでいたり、窃盗は犯罪なんじゃないのかとか突っ込むのが野暮なくらい。1話目はそんな聖人を巡るお話。

ずっと雨が振っているのも困るけど、ずっと晴天が続くのも限度があるんじゃないだろうか。と思わないことはないんですがまあいい話で終わっているので。本当にマティアスの毒気が抜けていてびっくりする。

2作目は森奉行の後継者選び。ドイツにおける森奉行の地位の高さにびっくりした。アルヌルフがいい所のお坊ちゃんだったっていうのは何だか納得です。アルヌルフの上役がアルヌルフに負けないいい性格なんだけどもw
[PR]
by yamanochika | 2013-09-23 00:10 | 青池保子

修道士ファルコ 1・2



過去に白泉社で連載されていた作品が新作を付けて秋田書店からコミックス化。

過去作品は最初のコミックス版、1冊にまとめられた文庫版も持っているんだけど新作につられて購入。
中世っぽい雰囲気は初期作品の方が強かったと思いますが、ファルコの新作が読めるのは素直に嬉しい。今回は番外編だったので、完全新作の読める3巻に期待してます。勤労する坊さんたちを早く見たい。カドフェルのテレビシリーズまたどこかでやらないかなあ。

心労で傲慢が抜けたマティアスはいろいろな物が抜け落ちてしまったようで、やはりある程度の欲望は人間が生きていく上で大切な気がする。
[PR]
by yamanochika | 2013-09-03 01:07 | 青池保子



エロイカの35周年メモリアルブック。真ん中右寄りが大変重い…重苦しい…というか暑苦しい表紙。過去の雑誌掲載時のカラーや扉の煽り文句まで全て収録されていて、コミックスで知ったファンには嬉しい限り。あのコミックスの表紙カラーはこの時のカラーを使ってたんだーとか、コミックスではモノクロになっていた部分もカラーで読めるので。絵的には初期のキラキラ絵より、9月の7日間から第七の封印位の頃が好きだなあ。少佐の腰がセクシーで。多分この辺をコミックスで読んだのが小学生高学年くらい?エロイカを読んで男性の腰と背中のカッコよさに目覚めた(笑)後、腕とか手とか。まあその位少佐がカッコよかったんだよ!その後、おっさんキャラに目覚めたのもエロイカがきっかけです。何だか色々な萌えを教わったような気がします。

その他全話エピソード紹介、キャラクター紹介に他の漫画家さんによるトリビュートイラスト、作者インタビュー等を掲載。トリビュートイラストの一部は以前雑誌の付録についていたエロイカナビからの再録ですが、半分以上は書き下ろしイラスト。結構色々なキャラが出そろっていて皆さんの愛を感じます。私もあと20年位したら大和先生のような心境になるのだろうか…。ところでみうっちー先生、私の書いている話はいずれ終わりますが、ってコメントが全く信じられません。ほんとか!?
[PR]
by yamanochika | 2012-09-25 00:20 | 青池保子



「聖ヨハネの帰還」の完結編と番外編2作。老人に取りいってた若者が実は…な話は前にもあったけどピョートル君は学術方面に野心家なだけで真面目な良い奴でした。良かった。ネット使った一般市民による包囲網は今風な感じ。ただコメディ色が強くなっちゃった感もありますが。しかしパワフルな老人が多いな。

番外編二作、「お茶会攻防戦」は表紙の暑苦しさが癖になりそう。暑苦しいというか濃厚というか、ココア飲みながら甘いケーキ食べているような感じ(笑)。部長が何だか可愛らしいような気がしてしまうんですが、気のせいかも。

「コッツウォルズの手稿」、伯爵が大活躍の話。若干時事ネタ。扉絵のエリザベス女王、さすがによく似てますね。「お茶会…」で割を食ってたロレンスが今回はそれなりに活躍して最後に良い思いをしてるんですが、公務員(だよね?)があんなことしてていいのか。まあロレンスは宇宙人だから…。
[PR]
by yamanochika | 2012-08-19 23:26 | 青池保子



聖ヨハネの帰還PART4。作中でペーターが調べている聖ヨハネの原画、置かれていた最初の場所がどこだったのかがすごく気になる。上手くまとまったらすごく面白くなりそう。全体的には一般市民が怖すぎて、諜報機関の方すら御大二人除いて圧倒され気味なんだけど、ルデンコ夫人の逞しさがすごい。どこぞの諜報員より役に立つのでは…?そろそろ伯爵の華麗な活躍にも期待。少佐じゃないけど、あの格好の化粧姿はあんまりだ。少佐とミーシャは反対側に立って実はものすごく気が合うのかも。武闘派二人に囲まれていると、命の危険にだけは合わなそうなんだけど…ねえ。
[PR]
by yamanochika | 2011-08-25 01:31 | 青池保子


伯爵のコスプレ度が高い巻。昔やってた黒髪の美女が一番すごかった気がする。何せ会う男が皆メロメロになってたし。ボロボンテは熱いなあ。実は少佐の部下たちよりボロボンテの部下の方が有能?何気に部長の家に犬が3匹も!部長が毎日ちゃんと散歩に連れて行ってるんだろうか。少佐の家(というか城)、あれだけ広ければ防犯も兼ねて犬の2匹や3匹位飼ってそうだけど、そういえば動物飼っている描写は出てこないですね。どうなんだろう。一般人相手なら少佐一人で十分番犬の役割を果たせるみたいだけど。

少佐もミーシャも探索が不発で割合地味な巻でしたが、最近のエロイカは熱くて元気な老人が多くて、老人パワーに圧倒されます。あの教授も何気に武闘派っぽい。すかしているピョートル君の焦った顔は可愛かった。なんかロシアの情報機関のひも付きっぽい男だけど、そろそろ明かされるのかな?
[PR]
by yamanochika | 2010-12-19 02:41 | 青池保子



Gくんはすっかりオカマというか女性になったなーという感慨にふけった36巻。GとZの姉弟コンビが結構好きです。理不尽にZが苦労してるあたりが。よく出てくる部下たち以外にスポットがあったのは久しぶりかも<猫使いN。A君はすっかり中間管理職が板について。今回子熊のミーシャが少佐以上に大活躍してたので満足です。エロイカの危機にだけは二人揃って楽しそうだよね。次はかっこいい伯爵の活躍を期待。
[PR]
by yamanochika | 2010-02-22 22:44 | 青池保子

今回は番外編2本と本編新シリーズの第1話。

クリスマス話、家にやってきて掃除してくれるのはありがたいけどあんな人と毎日暮らすのは大変だよなー
。「私が拷問のようにこき使われます」なボーナムさん可哀想(笑)。ミスターLの適度に散らかっている家のがくつろげるには同感。ジョンは喜んでるからいいんじゃないかな。珍しくロレンスが普通人っぽい。しかしジェームズ君はいつからあんな宇宙人になってしまったんだろう…。電卓片手に執拗に値下げ交渉をして相手をげっそりさせてた頃が好きでした。伯爵も少佐も今のキャラクターに違和感ないんだけどジェームズ君だけはもう少し元に戻って欲しい。せめてパラダイスパーティの頃くらいに。

古城騒動では少佐が伯爵に迷惑かけっぱなしで酷いので、そろそろ伯爵に一矢報いて欲しいです。
[PR]
by yamanochika | 2009-06-25 00:33 | 青池保子

ケルティック・スパイラルの完結編。本編よりも、外伝のマダムの妄想がすごくて圧倒された巻でした。Qは伯爵と少佐だと態度がまるで違うのね。最近部長が可愛くて仕方ありません。いや可愛いというか、このおっちゃん本当にしょうもないなーもう。みたいな可愛さなんですけど。昔は何とも思わなかったのに。
伯爵だけじゃなくて、少佐も変装しまくってた巻ですが、警察官と特殊部隊の軍服姿が格好良くて好きです。外伝の最後にホロリとしつつ、次のエピソードが待ち遠しい。
[PR]
by yamanochika | 2006-12-18 00:44 | 青池保子

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31