<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ジャクリーン・ケアリー著 ハヤカワFT文庫刊

スカルディアから何とか生還し、亡くなった祖父の跡を継ぎ女王となったイサンドルの保護を得たフェードル達。しかしスカルディアの急襲と玉座を巡る陰謀からテールダンジュを守るため、休む間もなくアルバへと向かうのだが…。

フェードルの性癖はともかく、国内の叛乱分子を避けながらアルバへ向かう道中の駆け引き、そしてイサンドルの婚約者でもあるアルバの王ドラスタン助け、簒奪者の手からアルバを奪還する戦い、早瀬の主との知恵比べやテールダンジュを巡るスカルディア人との戦争等、完結巻は息を継ぐ間もないほどの急展開の嵐でした。元々1冊本の原著が3分冊されているので、作品内でも一番の山場があるから当然といえば当然なんだけど、これは1冊で一気に読んでみたかったなー。ものすごく面白かったので、一気読みしたら更に嵌りそう。

これまでも、天使の血を引く、というのが伝説ではなく事実として現れている世界なんだけども、今回出てきた海峡を支配する早瀬の主の存在で更に不思議な力がこの世界では実在しているというのを実感。なぜツィンガンの男がドロモンドを使うのが禁忌とされているのか、それがここに繋がってるんだ、というのが分かった瞬間にぞくぞくした。ギリシア神話を思わせる内容なんだけれど、ヒアシンスが今まで取ってきた行動、選択が、ここに至ってしまうものだったのかと思うと感慨深い。

フェードルの真骨頂が発揮されたのは、やはりヴァルデマール・セリグとの戦いの為、イシドールをたきつけて味方につける場面でしょうか。その後のクシエル様の導きを受けた砦行きや、そこに現れたジョスランの戦いなど、最終局面なだけあって、印象深い場面が多い。

陰謀の首謀者であったメリザンドは逃亡し、陰謀の種が残された状態で続いているので続刊が気になるところ。後書きには載っていませんでしたが、12月から第2巻が3分冊されて刊行予定だとか。原著は既に6巻まで発売されているので、このまま順調に発売されることを祈っています。

冒頭の地図を見ると、実際のヨーロッパがギュッと凝縮されたような世界観で、テールダンジュは古代ギリシア文化の流れを汲みながらも位置的にはフランス+ネーデルランド、スカルディアは主神がオーディンなのでドイツ北部+北欧、チェルディッカ連合国はイタリア、アルゴニアがスペイン。そして今回舞台となるアルバはブリテン島とアイルランド。アルバではブレホンなんて単語が飛び出して、修道女フィデルマシリーズを思い出しました。そんなわけで母系社会なんですね。色々な文化、種族が書き分けられているのが素晴らしい。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 01:19 | SF・FT

一期の時から何でないんだと思っていた岩原裕二さんによるDTB漫画化がやっときました。嬉しい!だってせっかくキャラデザ原案が漫画が描ける人で、しかも上手いんだから描いて欲しいと思うのが人情じゃないですか。

話としては、一期の直後、OVAとの間くらいに入るのかな。一期の最後では普通に四課にいた美咲が島流しになった原因が分かるのかなーとワクワクしてます。パンドラ内部が出てきたり、シュレーダー博士やミーナまで再登場するとは思わなかったよ。にしても、相変わらずロリっ娘とマッチョが上手い。トーンをほとんど使わずにモノクロで構成されている画面がすごく好き。一枚絵よりも漫画で見た方が上手い人だと思う。早く2巻が読みたい。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 01:18 | 漫画色々

メテオ・メトセラ 10

尾崎かおり著 新書館刊

シャレム姐さんが行っちゃった~。最初に登場した頃は気持ちい位格好いい悪役だったんですけど、段々お母さんなキャラクターになってきて、でも最期まで格好いいまま行ってしまいました。それにしても悪党はしぶといって事で、あんな体になってまで倒したのにフォークさん丈夫ですね。泣いても笑っても次でラスト。レインとマチカの旅の終わりを見届けたいと思います。

ユーリはオムライスに餌付けされればいいと思う。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 01:05 | 漫画色々

カルバニア物語12

何だかいつもより分厚い?後書きがなくて探してしまいました。まさかカバー裏にあるとは。

モンクレイの呪い。フランは意外に本気なのかなー。ビスがカフに似ている、って何かの伏線?最後のエキューは格好良かった。女王様の迷路が割と深刻だったので、コラソンの花園は癒しでした。若い巨乳の可愛い子ちゃんがいっぱい。癒される……。女王陛下、相手は誰でもちゃんとタヴィアを大切にしてくれる人じゃないと嫌だよ。しかしライアンとエキューはなんか別れちゃいそうな気もする。ライアンとタヴィアにくっついて欲しいかというとそんな事はないんですが、女の子に薬をもってパンツ脱がせるような男はちょっと。コンラッド王子とはもう全然目がないのかな。最初に出た時は文句なしに格好よく頭もいいすごい王子様だったのに段々ヘタレな部分しか目に付かなくなってきた(笑)
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 00:54 | TONO

災厄の紳士

D・M・ディヴァイン著 創元推理文庫刊

いつものディヴァインとはちょっと違う、ということで手に取った1冊。もっともディヴァインはこういう作風だ、と言えるほど読み込んだことはないのですが、確かに傷心の美人令嬢アルマに取り入り、彼女を騙そうとしているジゴロネヴィルの視点で始まるのは意外な感じ。ただし、映画俳優並みの顔で金持ちのご婦人に取り入って騙すのがせいぜい、金を騙し取った女性から訴えられるようではジゴロとしても二流。頭が切れるとは言えないネヴィルの背後には黒幕がおり、話が進むのは令嬢のしっかり者の姉サラ視点に移ってから。

自己中心的な家族に振り回され、自己犠牲を払う毎日を送るサラ。ネヴィルによってもたらされた災厄を探る為、家族の陰部に迫っていくのだが、本格推理というよりも、どちらかというとサスペンス風。サラと、同じように家族との問題を抱える捜査官ヒューのほろ苦い人生には味があり、作品としての面白さはネヴィル達が仕掛けたコン・ゲームよりそこにあると思う。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 00:43 | 海外ミステリ

俺様ティーチャー6

すごい、気持ちいいくらい卑怯だ忍者。風紀部の内情探ってやる!とか言ってる割に自分が一番ノリノリで学校調査、その上存在を忘れられて待ちぼうけ。というお馬鹿ちんさが可愛い。つかこの漫画、バカしか出てこない…?

早坂くんは今回もヒロインポジションでした。妄想の中とはいえナチュラルにウサちゃん仮面に姫抱っこされて違和感がない。素晴らしい。そういえば、昔ネットで見たヤンキー向け雑誌の紹介文に携帯の時代に何故か文通コーナーが充実していたり(携帯持ち込み禁止の場所※少年鑑別所など での購入者が多いから)、学ランの裏地にごっつい刺繍をしているのを自慢するコーナーがあったり(もちろん自分で刺繍)、意外にヤンキーにはオトメンが多いのだろうか。

まあそれはおいといて、次巻には変態もとい先輩が出るみたいなので楽しみ。そういえば、鷹臣くんとのやり取りは珍しく少女漫画っぽく、真冬さんもヒロインぽかった気もします。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-28 00:22 | 椿いづみ

終戦

今日で野村楽天の最後の試合。やっぱり日ハムは強かった。今年のパリーグ、2位~4位位まではほとんど実力差はなかったけど、1位の日ハムだけは頭一つ抜けてましたもんね。シーズンの成績がそのまま出たような試合でした。でも、クマーで打たれたんだからしょうがない。あれで諦めがつきました。

最初の1戦だけは悔やまれるというか、衝撃的すぎて暫く言葉が出てこなかったけど。でもよくよく考えたらシーズン中にも岩隈で4点差で勝ってたのに中継ぎに代わって負けた試合あったじゃん!っていうのを思い出したら楽な気持ちになった。アレもうシーズンの集大成のような試合だったなあ。3戦目にマー君で一矢報いることが出来てて良かったよ。

そして試合終了後の野村監督胴上げ。もう日ハムさんにはありがとうという言葉しか出てきません。敗戦監督が両チームから胴上げしてもらえるなんて。最後にノムさんの胴上げ見られて本当に嬉しかったです。稲葉主導で胴上げしてたみたいだけど、そういえば彼も元燕選手でしたね。

野村監督4年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。選手の皆さんは来年も頑張って下さい。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-25 01:20 | 野球

Asuka 2009年12月号

Asuka買ってきたら久しぶりに地声魔語が復活してました。

新刊情報は無いんだけど何となく1月発売を目指しているような印象。印象なだけでもっと先に延びる可能性もありますけど。12月は彩雲国が出るからまるマ発売は無さそうですね。12月は瑞山さんの新シリーズが出るので楽しみ。挿絵も結川さんだし。

そういえば「悪マ祓い」って「悪魔祓い」と「あ、くま払い」が掛けてあるのかな。悪魔の人形とかそんな感じで。ってのはおいといて、「悪マ祓い」は時間軸的に後マよりあとの話っぽいですね、とのこと。次男が変なジャージ着てうろついている事については突っ込まないで下さいということなので、ツッコみません。あと次男と三男はドラキュラ伯爵のイメージなんだそうです。「後マ」が出たら魂の事やユーリの別人格の事も少しは分かる……予定なんですよね?「後マ」の後はまた新章に入るそうなんですが、陛下には一度地球に帰って欲しいな。橋本さんとかお兄ちゃんとか地球での時間の流れがどうなってるのかとか色々が気になって。

付録、クマハチコインパースは普通に使えそう。後ろのASUKA2009年12月号付録という文字を気にしなければ。ブックカバーは下のクマハチを上手く出すのが難しいけど、割と可愛い作りでした。

まるマ以外だと彩雲国他がビーンズAから移籍連載。いきなり途中の話数からで話が分かり難い。そして3ヶ月に1回の掲載のようです。由羅さんが途中から話が始まってすみませんと謝られていましたが、雑誌で初めて読む人にもある程度分かるように粗筋や登場人物紹介を付けるのは編集さんの仕事だと思います。最初から原作ファンだけを相手にしてるのかもしれませんが。


以下、漫画本編の感想

More
[PR]
by yamanochika | 2009-10-22 00:44 | まるマ

ニュータイプロマンス買ってきました。今回はペーパー目当てにアニメイトで購入。……という感想を1時間くらい書けて書いてたのにプラウザが固まって消えてしまったので涙目。

ペーパーは書き下ろしの陛下イラストと陛下&三男の珍獣談義。三男は小さい頃長男閣下に「わけあり動物覧図」を見ながら珍獣について教えてもらったお陰で珍獣に詳しいらしい。小さい三男に可愛い珍獣の解説をしている長男閣下の姿を思い浮かべると微笑ましいですよね。というポケモンネタでした。ってこれ伏せ字にした方がいいんだろうか。

新刊情報は特になし。ただもうすぐという言葉が出てきただけ目星がついてきたのかな?白鳩便が来たのでちょっと期待してたんですけど、ニュータイプロマンスの短編&アニメイトで買うとペーパー付くよのお知らせとAsukaの付録についてでした。24日発売のAsukaにはもう少し何か載ってないかなー。

ニュータイプロマンスには「悪マ祓いをお望みですか?」後編とテマリさんのカラー扉。カラー扉は前編の小悪魔陛下と対になる悪魔貴族っぽい次男と三男。何かいつもと塗り方が違う?次男がフェロモン垂れ流しな感じでかっこいい。目線の先には小悪魔陛下がいると思うので、陛下が食べられちゃいそうだ。

で、肝心の短編なんですが、ちょっと消化不良。つかぶっちゃけ終わってないですよね(笑)。どこかに続きを書くつもりはあるみたいなので、次は是非最後までお願いします。
魂のリサイクルや前の魂の持ち主が現在の体に影響を与えられるかについて、何より前編で出てきた陛下の別人格っぽい性格が気になる。ニカのお父さんもどうにかしてあげて!ただ、次男陛下的にはかなり萌えました。

More
[PR]
by yamanochika | 2009-10-21 00:52 | まるマ

第1ステージ突破

やった〜!やりました。なんと2連勝で第2ステージ進出です。金曜はテレビにかじりついて見てたんだけど土日は旅行してたのでハイライトしか見れなかった……無念。録画しとけば良かった。

金曜は投手戦になるだろうという予想を覆して打撃で勝利。土曜は、マー君がシーズン終盤の不調を感じさせない無四球完投。そして欲しい所で打ってくれる四番の活躍。理想的な試合ですよね!この勢いで日本シリーズまで行って欲しいけど、ハムさんはパでは頭一つ抜けて強かったからきつそうだなあ。
でも1日でも長く、野村監督のユニフォーム姿がみたいんです。てっぺん取って胴上げして欲しい。頑張って下さい。
で、もちろん追跡AtoZは見ました。そして見ながらなぜか一緒に行った友達となぜ横浜はあんなに弱くなったのかという話になりました。ほんと何でなんだろう。次の監督いつ決まるのかなあ。
[PR]
by yamanochika | 2009-10-19 12:43 | 野球

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。