氏家幹人 祥伝社新書刊。

章別に夜語りするような形式で書かれた江戸の犯罪考。有名な盗人の話も興味深かったですが、昔も今も変わらない夫婦の機微や、現在の無差別殺人と同じような犯罪が江戸時代にもあった事に驚かされた。
武器を規制しても殺人が無くなる事はないけれど、被害を抑える為に身近に大量殺人が起こせる武器が少ないと言うのは効果があるんだなあと実感。
最後を締めるのは鼠小僧の話で、講談でしか知らない人物なので興味深くよみました。ここまでの色々な犯罪を見ていると、小柄で身のこなしが敏捷、頭が回って人好きのする顔立ち、殺傷は行わず狙うのは大名屋敷のみ、気前がよく盗んだ金品は散財して庶民の懐を潤わせる。
と言う鼠小僧が庶民から人気が出たのが何故かよくわかる。

[PR]
by yamanochika | 2017-05-15 09:38 | その他読んだもの

カウンターポイント

サラ・パレッキー著 ハヤカワ文庫刊

25年前に起きた家庭内での殺人事件。高校時代に付き合いのあったフランクの依頼を受けたヴィクが、その殺人事件で服役し出所したばかりのフランクの母ステラを訪ねた直後に、殺人事件にはヴィクの従兄弟でNHLのスーパースターだったブーム・ブームが関係していると告発される。
ブーム・ブームの名誉を守る為、ヴィクは過去を探り始めるのだが…。

最近はスケールの大きな話の多かったシリーズですが、今回はシカゴの、ヴィクの育った界隈を振り返るシリーズの原点に戻ったような作品に仕上がっています。
年齢を重ねてかつてのような無茶はしない、年齢を感じる発言も増えたヴィクですが、大切な人を守る為奮闘する姿は健在。
ロティではないけど、彼女を諌めるべきか命がけで他人の他人の命を守る為に奮闘する事を賞賛するべきか迷ってしまう。
作中にシカゴ・カブスが関わっていて、章タイが野球用語になっているのにニヤリ。
ブーム・ブームはヴィクにとっても周りの人達にとってもヒーローであり、賞賛すべき人物であるけれど、同じように地道に正直に働いて家族を養っている普通の人達もまたヒーローであると言うメッセージ性の強い作品だと思います。
[PR]
by yamanochika | 2017-05-15 09:02 | 海外ミステリ

日々読んだ本の記録。他映画、漫画等の感想などあれこれ。感想はネタバレありです。ご注意下さい。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31